賃料を滞納している借主と連帯保証人に対して訴訟を提起し、連帯保証人から未払賃料の一部を回収し、借主から建物の明渡しを受けることができた事例

背景依頼者は、賃借人から、数ヶ月間賃料の支払いがなく、建物の明け渡しを受けたいと言うことで、当事務所に相談に来られました。これまでは…

相続した建物に親族が無償で住んでいたが、使用貸借契約の終了を主張し、明け渡しを受けることが出来た事例

背景依頼者は、相続により取得した建物に無償で住んでいる親族に、建物を明け渡して欲しいということで相談に来られました。建物の借主である…

登記簿上、100年以上前に土地を取得した人が所有者となっている土地について、所有権移転登記請求訴訟を行い名義書換をすることが出来た事例

背景依頼者は、長年使用していた土地が他人の名義であることが判明し、登記簿上の所有者の相続人を調査していたが行き詰まってしまったということ…

土地を不法占拠していた隣人に対し、弁護士名の内容証明を送ったところ、任意に土地の明渡を受けられた事例

背景依頼者は、遠方に所有している土地を数年ぶりに見に行ったところ、隣人が依頼者に無断で物を置くなどして使用しているのを発見しました。…

借地の使用借主の相続人との交渉により、借地の明け渡しを受けることが出来た事例

背景依頼者は、無償で貸していた土地の借主が死亡したことから、借主が生前に建てた建物を収去してもらい、土地の返還を受けたいとのことで相談に…

借地の明け渡しを拒み続けていた借地人から土地の明け渡しを受けた事例

背景借地人は、依頼者の土地を借りて、同土地上に建物を建てて居住をしていました。しかし、近年は、県外に住む親族の家で生活しており、建物は空…

1年以上賃料を滞納する借家人から、未払賃料全額を回収できた事例

背景依頼者は、借家人から賃料が1年以上支払われていないことから、未払賃料の支払い及び建物の明け渡しを求めたいと考え、相談に来られました。…

弁護士が介入した結果、音信不通であった借地人と連絡が取れ、明渡しを受けることができた事例

背景依頼者は、店舗の貸し主でした。しかし、数年前から賃料の不払いが続いたため、契約を解除し、明け渡しを求めたいということで相談に来られま…

親の遺言が無効だと、法定相続分による遺産分割を求められたが、遺留分相当の代償金を支払うことで解決した事例

背景依頼者は、被相続人である親の遺言により、親のすべての財産を相続していました。ところが、兄弟が頼んだ弁護士から、親の遺言は無効であるか…

感情的な対立で遺産分割協議ができず、調停を申し立てたところ、法定相続分以下の代償金を支払うことで遺産分割が成立した事例

背景依頼者は、親の遺産である土地を取得することを希望し、兄弟に対し、遺産分割協議の申し入れをしました。しかし、兄弟間で感情的な対立があり…

さらに記事を表示する
PAGE TOP