西湘エリア(小田原、秦野、厚木、伊勢原、平塚、大磯、南足柄など)の弁護士。

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


三川法律事務所 HP since 2010-09-06

当事務所のHPにお越しいただきまして、誠に有難うございます。
詳細に関するお問い合わせなどは直接お電話にて受け付けております。
まずはお電話下さい。

事務所プロフィール

はじまり

当事務所の前身は、昭和48年に亡父三川昭徳弁護士が開設した三川昭徳法律事務所です。神奈川県秦野市出身の父は弁護士資格を取得した後、1年間横浜の事務所で修業を積み、小田原の地に事務所を開きました。

小田原には、相模川以西の16市町村を管轄する横浜地方(家庭)裁判所小田原支部があり、同市町村の司法の中心だったからです。

法的トラブルに関する診療所、若しくは総合病院のような存在の弁護士のことを「町弁」と呼びます。父も、中小企業や自治体などの顧問や、個人の方々の遺言相続、離婚、交通事故、借地借家のトラブルなど様々な分野の法律問題に取り組んできました。

法律の本をじっくりと読み、一つ一つの事件を丁寧に扱っていた職人のような姿は今もしっかりと覚えています。亡くなるときまで、「また仕事をしたい。事務所に行きたい。」と言っていた、弁護士の仕事を愛していた人でした。


現在

私が弁護士としての第一歩を踏み出す前に父が死亡したため、私は、3年間の勤務弁護士として修業した後、父が遺してくれた事務所を利用して、平成18年7月に、新たに三川法律事務所を開設しました。町弁として、様々な事件に取り組んでいます。