親の遺品整理をしていたら、親が自筆で書いた遺言書が出てきました。封がしてあるのですが、開けて中身を見ても良いでしょうか。

自筆で書いた遺言(「自筆証書遺言」と言います。)を発見した場合には、検認という手続を裁判所に申し立てる必要があります(民法1004条1項)。封をしてある遺言書の場合は、家庭裁判所で開封しなければなりません(同条3項)。これらの手続をせずに、自分で開けてしまうと、過料という制裁が科されることがあります(民法1005条)。

関連記事

  1. 遠い親戚のお年寄りが亡くなりました。病気がちな人でしたが、独身で…
  2. 親に借金があるようです。親がなくなった場合、借金も相続しなければ…
  3. 長男である兄に全ての遺産を相続させるという内容の、父の遺言が見つ…
  4. 亡くなった父の机の中から、遺言書と書かれた封をした封筒が出てきま…
  5. 昭和50年に亡くなった祖父の名義の土地が存在していることが判明し…
  6. 父の生前、同居していた兄が父の財産の管理していました。父が死亡し…
  7. 遺言書をつくることを考えています。どのような方法がありますか? …
  8. 借金を相続しない方法はありますか。
PAGE TOP