長男である兄に全ての遺産を相続させるという内容の、父の遺言が見つかりました。妹の私は、父の遺産を相続することはできないのでしょうか。

まず、遺言の作成時に、父親が遺言能力を失っていたという事情がある場合には、遺言の無効を主張し、法定相続分どおりでの遺産分割を求めることができます。また、遺言能力を失っていたという事情がない場合でも、一定の相続人には、遺言によっても排除できない最低限の相続権(遺留分)が認められています(民法1028条)。質問者のように、父がなくなった場合、その娘には遺留分が認められますので、遺言によって遺産を取得した兄に対し、遺留分減殺請求をすることが出来ます。

関連記事

  1. 親の遺品整理をしていたら、親が自筆で書いた遺言書が出てきました。…
  2. 子どものいない夫婦で夫が亡くなりました。夫の遺産は自宅の土地建物…
  3. 親に借金があるようです。親がなくなった場合、借金も相続しなければ…
  4. 亡くなった父の机の中から、遺言書と書かれた封をした封筒が出てきま…
  5. 昭和50年に亡くなった祖父の名義の土地が存在していることが判明し…
  6. 借金を相続しない方法はありますか。
  7. 遠い親戚のお年寄りが亡くなりました。病気がちな人でしたが、独身で…
  8. 父の生前、同居していた兄が父の財産の管理していました。父が死亡し…
PAGE TOP