西湘エリア(小田原、秦野、厚木、伊勢原、平塚、大磯、南足柄など)の弁護士。

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


三川法律事務所 HP since 2010-09-06

高齢者等の財産管理

【任意後見契約の締結】

「自分が認知症になったら、信頼のできるこの人に財産の管理をして欲しい。」

今はしっかりしていても、自分が認知症になった後のことを考えると心配…
そのような方のために、元気なうちに信頼できる方と任意後見契約を締結し、
認知症になった場合の財産管理を委任することができます。

【成年後見人の選任申立て】

「母が死亡したが、相続人の一人である父親が認知症で判断能力がなく、
遺産分割協議ができない。」
「父親が認知症なのをいいことに、同居している長男が父親の財産を使い込んでいる。」

認知症や知的障害で判断能力がない方のために、成年後見制度があります。
家庭裁判所で選任された成年後見人が、本人に代わって、財産管理を行います。
その結果、本人の財産が保護されることになります。