西湘エリア(小田原、秦野、厚木、伊勢原、平塚、大磯、南足柄など)の弁護士。

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


三川法律事務所 HP since 2010-09-06

ここではよくある相談例をご紹介します。
随時更新していきます。

【遺言相続】

~相続発生前~
遺言書をつくることを考えています。どのような方法がありますか?
(自筆証書遺言と公正証書遺言について)

亡くなった父の机の中から、遺言書と書かれた封をした封筒が出てきました。どうしたら良いのか分かりません。
(自筆証書遺言の検認について)

~相続発生後~
父の生前、同居していた兄が父の財産の管理していました。父が死亡して相続が発生した後、兄は、他の兄弟にどのような遺産があるのか教えてくれず、遺産分割の話合いも拒んでいます。どうしたら良いでしょうか。

遠い親戚のお年寄りが亡くなりました。病気がちな人でしたが、独身で子どももなく、面倒を見る家族がいなかったため、近くに住んでいた私がずっと面倒を見てきました。その方は自宅や預金を遺しましたが、相続人がいません。私がこの遺産を貰うことはできないでしょうか。

【離婚】

夫が私と子どもを置いて家を出てしまいました。その後、夫は、私に無断で私の名前を書いた離婚届を作成し、役所に届けてしまったようです。戸籍謄本を取り寄せてみたところ、既に私と夫は離婚したことになっていました。しかし、私は夫と離婚するつもりはありません。どうしたらよいですか。

ページ更新日: 2019-03-12