交通事故7つのCheck Point

1.交通事故は「人身事故」(交通事故証明書)になっていますか?

人身事故は、その名のとおり、人が怪我をした場合の交通事故のことです。
警察署に診断書を提出する必要があります。
ただし、警察が人身事故と扱っていなくとも、保険会社で人身事故として扱っていれば、大きな問題はありません。

2.事故態様(過失割合)について把握していますか?

事故状況によって、損害の負担の割合(過失割合)を定めます。
事故状況を説明していただければ、赤い本を参考(なお、必ずしも、赤い本の通りの過失割合になるとは限りません。)に過失割合について説明させていただきます。

3.事故直後から定期的に病院に通っていますか?

一般的に、交通事故直後の通院の頻度は高く、ケガが治っていくに従って、通院の頻度は低くなります。
ケガが治っていないのにもかかわらず、通院を止めてしまうと、ケガが治ったのだと勘違いされる可能性がありますので、治療中は、ケガが治るまできちんと通院することをお勧めします。

4.治療は終了(症状固定)していますか?

一般的には、医師が治癒又は症状固定と判断した日が治療終了日です。
後遺障害が残存する可能性のある場合には、後遺障害診断書を作成してもらう必要があります。

5.後遺障害の等級は出ていますか?後遺障害の等級認定手続きをしましたか?

後遺障害診断書やレントゲン・MRI等の資料を提出して後遺障害の等級を定めてもらう手続ができます。
後遺障害の等級は、1級~14級(1級が一番重症です。)まであります。

6.相手の保険会社から賠償の提示がありましたか?

保険会社の提示額は、適正な金額ではない可能性があります。
ご希望であれば、保険会社の提示額が適正かどうかについて、簡易な査定をすることもできます。

7.弁護士費用特約に入っていますか?

弁護士費用特約は、弁護士費用が保険金で賄われる特約です。
この特約を付けているか、ご確認下さい。

関連記事

  1. 交通事故事件について地元の弁護士に依頼すべき理由
  2. まずはご相談ください!
  3. 慰謝料の金額に納得ができない!
  4. 後遺障害の種類
  5. 保険会社の対応に納得ができない!
  6. 後遺障害の等級認定に納得ができない!
  7. 弁護士費用
  8. 交通事故問題解決の流れ
PAGE TOP