40代女性 保険会社の提示額から340万円増額した事例

情報

女性(40代)
後遺障害:14級10号(神経症状)

解決内容

脳脊髄液減少症の診断を受けていたことから、保険会社が治療費、休業損害、後遺症慰謝料の支払いを拒絶しました。
そこで、自賠責保険の被害者請求をして、後遺障害14級10号の認定を受けた後、訴訟を提起し、和解金340万円を獲得しました。
保険会社からの任意の支払いや被害者請求による自賠責保険の支払いを含めると合計で金540万円の支払いを受けたことになります。

関連記事

  1. 60代男性 保険会社の提示額から750万円増額した事例
  2. 後遺障害は非該当となったが、既払いの治療費を除き、100万円の賠…
  3. レントゲンに異常が見つからなかったが、必要な検査を行ってもらうこ…
PAGE TOP