胸腹部臓器(生殖器を含む)の後遺障害

交通事故によって、胸腹部の臓器の損傷がおきることは珍しくありません。

胸腹部臓器の障害は、障害認定基準上は、臓器ごとに基準が分けられ、①呼吸器、②循環器、③腹部臓器、④泌尿器、⑤生殖器に区別されています。

各臓器の認定等級の基準については、平成18年に詳細な認定基準の改正がなさました。
詳しくは厚生労働省の胸腹部臓器の障害等級認定基準をご確認ください。

胸腹部臓器の後遺障害

等級 認定基準
1級4号 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
2級2の3号 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
3級4号 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
5級1の3号 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
7級5号 胸腹部臓器の機能に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
7級13号 両側の睾丸を失ったもの
9級7の3号 胸腹部臓器の機能に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
9級12号 生殖器に著しい障害を残すもの
11級9号 胸腹部臓器の機能に障害を残し、労務の遂行に相当な程度の支障があるもの
13級3の3号 胸腹部臓器の機能に障害を残すもの

関連記事

  1. その他の体幹骨骨折による後遺障害
  2. 頭痛の後遺障害
  3. 遅延性意識障害(植物状態)
  4. 上肢(肩・肘・手首・手指)の後遺障害
  5. むちうち
  6. 眼の後遺障害
  7. 後遺障害の種類
  8. 口の後遺障害
PAGE TOP