脊柱骨折による後遺障害

脊椎圧迫骨折は、脊椎が押し潰されるように変形してしまう骨折です。

せき柱とは、頭側から尾側の尾骨までの骨の連なりの柱です。
頭側から頸椎7個、胸椎12個、腰椎5個の合計24個の椎骨が椎間板を挟んで形成されていて、最後の第5腰椎の尾側には、仙骨と尾骨がついています。
(但し、後遺障害等級表上の「せき柱」の障害には、仙骨及び尾骨は含まれません。)

脊柱の自賠責の後遺障害等級については、脊柱の運動障害と変形障害に着目して、次のとおり等級認定がなされています。

脊柱の運動障害

等級 認定基準
6 級 5 号 脊柱に著しい変形または運動障害を残すもの
8 級 2 号 せき柱に運動障害を残すもの

脊柱の変形障害

等級 認定基準
6 級 5 号 脊柱に著しい変形または運動障害を残すもの
8 級 2 号 せき柱に中程度の変形を残すもの
11 級 7 号 せき柱に変形を残すもの

変形障害では、脊椎の圧迫骨折や脱臼で 2 個以上の椎体に変形が認められ、変形した椎体の前方高が後方高に比して 50 %以上であることが 6 級 5 号の認定の要件となります。
1 個の椎体の同様の変形では、 8 級 2 号が認められます。

詳しくは厚生労働省の障害等級認定基準をご確認ください。

関連記事

  1. 外傷性てんかんの後遺障害
  2. 遅延性意識障害(植物状態)
  3. 鼻の後遺障害
  4. 上肢(肩・肘・手首・手指)の後遺障害
  5. 頸椎捻挫・腰椎捻挫(むち打ち)の後遺障害
  6. その他の体幹骨骨折による後遺障害
  7. 腰椎(ようつい)・頚椎(けいつい)・胸椎(きょうつい)の圧迫骨折…
  8. 頭部・顔面・頸部の醜状障害
PAGE TOP