鼻の後遺障害

「鼻の欠損」とは、鼻軟骨部の全部または大部分の欠損をいい、「その機能に著しい障害を残すもの」とは、鼻呼吸困難または嗅覚脱失をいいます。

鼻の後遺障害

等級 認定基準
9級5号 鼻を欠損し、その機能に著しい障害を残すもの
12級相当 嗅覚を脱失または鼻呼吸困難が存するもの
14級相当 嗅覚の減退するもの

嗅覚の脱出は、T&Tオルファクトメーターで検査を受け、検査結果はオルファクトグラムで表示されます。

検査結果が5.6以上で嗅覚の脱失12級相当、2.6以上5.5以下が嗅覚の減退14級相当です。

アリナミンテストでは正確性に欠けるため、T&Tオルファクトメーターでの検査を推奨します。

鼻の欠損に関しては顔面の醜状痕ととらえる事ができるので、どちらの後遺障害で等級を獲得するのか検討しなければなりません。

関連記事

  1. 頸椎捻挫・腰椎捻挫(むち打ち)の後遺障害
  2. 下肢(股関節・膝・足首・足指)の後遺障害
  3. 脊髄損傷の後遺障害
  4. RSDなどの特殊の頭痛の後遺障害
  5. 耳の後遺障害
  6. 腰椎(ようつい)・頚椎(けいつい)・胸椎(きょうつい)の圧迫骨折…
  7. 眼の後遺障害
  8. 胸腹部臓器(生殖器を含む)の後遺障害
PAGE TOP